選ばれる理由

制作会社に比べて
コストを安く抑えられます
人件費や経費を抑えることができるため、一般的なホームページ制作会社に比べて制作費を安く抑えることができます。
一人の担当者が
相談から納品まで安心サポート
分業制の制作会社とは違い、担当は一人。要望をワンストップでお応えできるからコミュニケーションが大変スムーズです。
ホームページの管理だけでなく、財務管理の相談まで対応
金融業界経験10年以上の担当者が、財務管理の相談に対応します。

ホームページ制作での10のお約束

開発から納品までの抜群のスピード感

ご希望のホームページの内容によりますが10日~30日で素早く納品することも可能です。世界シェアNo.1のCMS「WordPress」で工数を削減しつつ質の高い制作を実現します。

一人の担当者が相談から納品までサポート

分業制の制作会社とは違い一人の担当者が対応するのでスピーディーな制作が可能となり、コミュニケーションが大変スムーズです。

質の高さにも関わらず安価な料金設定

新規サイト制作費98,000円〜!少数精鋭で限りなく人件費を減らし、質とスピードを徹底的に追求しています。

どこにどの情報があるかがすぐにわかる、迷わないサイト設計

顧客のニーズに合うコンテンツの提案に加え、競合との比較、強み、弱点なども分析し戦略的なサイトを設計します。また、

スマホ・タブレット表示に完全対応

モバイルフレンドリーでスマホ・タブレットに対応して制作いたします。各デバイスごとの表示も確認のうえ納品いたします

SEO対策

市場を分析し顧客ニーズに基づいてキーワードをリサーチ、設定し、サイトの設計と構築をいたします

自身で更新可能な状態で納品

WordPressを用いたホームページ制作を行いニュースやブログの更新など日常的な作業をご自身でも簡単に行えるようにしております。
社内にWeb担当者がいない場合は、弊社にて月額数万円~継続的な管理・保守対応も可能です。お気軽にご相談ください。

お客様専用のマニュアルを作成

お客様によってWebに関する知識は違います。ヒアリングなどで得た情報から、お客様専用のマニュアルを作成しますので、納品後の更新もご自身にて対応することが可能となります。もちろん、弊社にて継続的な管理・保守も対応可能です。

問い合わせフォームを標準設置

制作時に問い合わせフォームを標準で設置しております。大切なお客様とのやり取りの機会を逃さないよう設計いたします。

ホームページの管理だけでなく、財務管理も相談可能

ホームページ制作のご依頼をいただいたお客様で、ご希望される場合は財務管理のご相談もお受けいたしております。お見積りは無料です。お気軽にご相談ください。

サービス

ホームページ制作・ウェブサイト制作
新規立ち上げ・既存サイトのリニューアルの企画・設計・デザインを行います。法人・個人問わず、企業や商品・サービス・店舗・病院・学校サイトなどあらゆる業種のサイト制作に対応可能です。
LP制作
特定のニーズを持ったユーザーに向けて訴求し、広告流入の入り口になる縦長デザインのページ。ユーザーの理解を段階的に深めながら、成果に繋げるランディングページを制作します。
スマホ対応サイト
スマホでの検索数や利用者の増加とともに、googleではスマホ対応されたサイトが優先的に表示されるモバイルファーストインデックス移行などの背景からもSEO対策の観点からスマホ対応は必須です。スマホでの操作や閲覧を意識したUI・UXデザインを行います。
コーディング
W3Cに準拠したHTML5+CSS3コーディングを行います。パソコン・タブレット・スマホに対応したレスポンシブコーディングやBootstrapなどのCSSフレームワークでの制作も可能です。
WordPress
お知らせやブログ、コンテンツなどをブログのようにカンタンに更新・管理が行えるCMSをWordpressで構築します。お客様自身で更新作業を行いたい方やSEO対策をされたい企業コーポレイトサイト構築にオススメです。
Google SEO対策
google検索エンジンに評価させるよう、御社のゴールに合わせてソースコードやコンテンツの最適化や表示速度改善、Analytics・Search Console登録などなど、しっかりインデックスされるよう基本的な内部施策を行います。
印刷物制作
チラシやパンフレット・ポスター・名刺などの印刷物を承っています。 ご希望であれば、印刷の手配まで対応可能です。ホームページと一緒にご依頼いただければ、一貫した統一感のあるデザインワークで訴求可能です。
財務管理の相談
金融業界経験10年以上の担当者が、財務管理の相談に対応します。

お問い合わせ

ホームページでやりたいことをお聞かせください。
まずは ”お問い合わせする” ことから始めてみましょう。